pickup
【祝】新元号決定!&運転免許更新
スポンサーリンク

元号は「令和」に決定!

今日は、時事ニュースを。

今日、2019/04/01、見出しの通り新元号が決定した。

自分と奥さんの感想は「古臭えw」

昭和から平成に変わるときもそういう声はあったらしい。

数年立てば慣れるのだろうが、やっぱり声にすると何か恥ずかしさを感じる。

踊る民衆

テレビを見てると、号外を我先に貰おうとする国民の姿が映し出されていた。

新元号「令和」の発表を伝える、毎日新聞の号外配布に殺到する人たち=東京都千代田区の毎日新聞東京本社で2019年4月1日午後0時46分、手塚耕一郎撮影

新元号「令和」を知らせる号外を手に取る人たち=東京都港区で2019年4月1日午後0時35分、尾籠章裕撮影

祭りじゃ祭りじゃーー!と言わんばかりの大盛況。

号外のバーゲンセールですな。

これ、いざ手に入れたとしてもぐしゃぐしゃになってたりビリビリに破けてたりしてそう。

運良くキレイな状態でGETした人の中には、メルカリで売りさばいた人もいたり・・・

 

 

wikipedia の元号の項目では、

ちょっとした編集合戦になっていて面白かった。

R18問題

今日の13時位のツイッターに

「令和18年」がトレンド入りしていた。

昭和を S 、平成を H 、のようにイニシャル表記したとき、

令和はRとなるので、令和18年は「R18年になるじゃん」といったもの。

しょーもない、実にしょーもない。

まあ令和18年の子どもたちも

「Hな平成おじさん、おばさん」には言われたくないだろうね。

そんな中、ともけむは免許更新に。

世間がこのように浮かれている中、ともけむは折角の休みだったので、

運転免許の更新へ行っておりました。

3年前、原付きで速度違反、通行区分違反などをして

累積6点たまっちゃったため、

今回も違反区分の免許更新とあいなりました。

俺は大阪の北の方に住んでいるので、門真自動車試験所で更新。

11時くらいについて、14時半くらいに終了。

流れとしては、

① 免許証のコピーをとってもらう

② 金払う (3800円、高いよなーー。まあ人件費かかってるからしゃーない)

③ 病気してない?医師から診断受けてない?などの質問に答える(用紙に記入)

④ 視力検査

⑤ 写真撮影(ここで20分位待った)

⑥ 講習(違反者の区分なので2時間、優良者は30分で終わる。うらやま。)

⑦ 更新された免許証ゲット!

な感じ。昼どきをまたいじゃったので、

⑤の写真撮影(11時20分くらい終了)と

⑥の講習(12時半くらい開始)の間で1時間空きができてしまった。

その間、試験所内の食堂で昼ごはん。

このときに youtube で菅官房長官の元号発表を見てました。

ともけむがこの免許更新で気にしていたのは、色覚検査。

1回目の更新のときに、「信号機の色が見えるか」みたいなテストがあった気がするのだが、

今回は無かった!!!

赤、緑の区別がかなり厳しい、ちょっとした色弱なので、助かった。

あれ、苦手なんだよな。

信号機の色とか、もうもはや位置で覚えているところあるし。

の癖して、視力は1.5以上あるのが誇り。

おそらく2.0はあるんちゃうかな。測ったこと無いけど。

まあ、若干退屈な講習を眠気に耐えて乗り越え、無事更新できました!

免許証には青背景で、

「 2022 年(平成 34 年) 05 月 26 日まで有効」とある。

ホントは令和4年なんだけどね。

ふと思ったのだけど、役所で今後年号を書く時に令の時はどう書くのだろうか。

 正解は、どちらでも良い。 文化庁が定める「常用漢字表」で、「筆写の楷書では,いろいろな書き方があるもの」の一例として「令」が挙げられています。つまり、いろんな書き方があるけど、どれでも良いよ! ということです。

なんか画像の左の「令」に書き直しさせられそうな気がする。

まあ直に正式な発表があるでしょう。

では。

スポンサーリンク
おすすめの記事