pickup
高校化学が分からない&高校化学のお薦めサイト
スポンサーリンク

化学の「何が」分からないのか

筆者は塾や予備校講師で化学を教えているのだけれど、定期試験対策などで「化学全然わからん」という生徒の声はよく聞く。

よくよく話を聞いてみると、だいたい分からない理由としては以下に大別されるように思う。(※個人の感想です。)

 

    1.  学校の先生が合わなくて、授業を放棄してしまっている。
    2.  中学生以前から理科が苦手で、化学という教科を初めから放棄してしまっている。
    3.  化学基礎序盤の原子とか化学式までOKだったが、計算に入った途端ついていけなくなった。molとか。
    4.  公式をなんとなくは使えるが、使うタイミングが分からない。
    5.  定期試験レベルならついていけるが、発展問題になると計算式の立て方が分からない
    6.  (大学受験に向けて)何を覚えたら良くて、何を覚えなくてよいのか分からない。

 

細かくいえばまだあるだろうがだいたいこんなとこかな。

こう見ると、1と6の分からないには相当開きがある。

 

ざっくりと、「化学が分からない」に対する答えは・・・

この「分からない」にはやはり個人個人の特徴があるので、塾や予備校 ー特に個別指導がいいー に行って教わるか、youtube などの動画を見て学んでいくのが良いだろう。

最近は 教育系 youtuber なるものも登場していて、しかも分かりやすい。(今後ブログでこの話をする予定。)

 

おすすめはヨビノリさん。

ホリエモンの東大受験企画で数学の魔術師としても活躍している。

無料で見られるものだから、活用しない手はない。

 

 

 

また、3から6の「分からない」に関しては、インターネットサイトも良い。

 

ともけむ、おすすめのサイト

受験の月

化学受験テクニック塾

(都合により現在リンクは載せていません。)

 

この2つがおすすめ。スマホからのアクセスでも見やすく分かりやすい。

 分かろうとするあなたの姿勢は素敵。

化学を分かろうとするからネットで調べてるわけだよね。素晴らしい。

著者のともけむはそんな素敵なあなたの役に立ちたいと考えています。

このブログでは、上記の「分からない」に対していろいろな視点から、各単元(理論化学、有機化学、無機化学)の具体例も挙げつつ、解決への道を提示していきます。

スポンサーリンク
おすすめの記事